共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

赤ら顔のメイク方法!敏感な肌なので下地も無添加を使おう!


赤ら顔は治るまではメイクである程度隠す事をしている女性がほとんどではないでしょうか?
しかし、女性で赤ら顔の人はメイク方法に困る事があると思います。

 

 

 

赤ら顔の場合は原因は大きく分けると5つあるのですが、そのほとんどで皮膚が通常の人に比べて弱い事が挙げられます。

赤ら顔の5つの原因についてはトップページの「赤ら顔を治す方法」で紹介していますので参考にしてください。

 

 

 

ここでは皮膚が弱い赤ら顔の人のメイク方法について紹介します。

赤ら顔を治す方法としては別途「赤ら顔を治す方法」で紹介していますので参考にしてください。

 

 

男性はメイクを基本的にしないので男性の方はこのページは参考になりませんので別途「男性の場合の赤ら顔対策!」を参考に赤ら顔をメイクで隠すのではなく治す目的で実践してください!

 

 

 

 

 

 

 

赤ら顔の人のメイク方法はメイク崩れを防ぐ方法を1番に!


赤ら顔のメイク方法としては、その赤ら顔の度合いにより濃くするのが基本です。
自分の赤ら顔はどのくらいでうまく自然に隠せるようになるのかはその人しか分かりません。

 

 

ここは通常の人が吹き出物や赤みなどを隠す為のメイクと変わりありません。
赤ら顔の人のメイクで気をつける点は「メイク崩れ」です。

 

 

赤ら顔の人がメイク崩れを起こすと普通の人よりも、目立ってしまいます。
メイク崩れを徹底的に防ぐにはメイクにコツがあります。

 

 

メイク崩れを防ぐコツとしてはスキンケア(化粧水と乳液)のあとにベースメイクに入るのはNGと覚えておきましょう!
日中にメイク崩れを引き起こしてしまう原因になります。赤ら顔の場合、メイクが崩れると通常の人よりも、目立ってしまう事がありますのでココは重要です。

 

 

 

スキンケアから下地までは約5分あけるようにすると効果的です。
時間がない時の裏技としてはスキンケアの後に皮脂をテッシュでふき取ってもメイク効果は長続きます。

 

 

 

また、赤ら顔の人は敏感肌の人が多い為に、使う化粧水、ファンデーションなどに気を付けなければいけません!
添加物が多く配合されていたり、肌の刺激になる成分や、界面活性剤、防腐剤なども赤ら顔にダメージを与えてしまうのでそれらの配合されていない化粧水、ファンデーションなどを使用しましょう!

 

特に、防腐剤や界面活性剤は赤ら顔をより悪化させてしまい、別途赤ら顔対策を実施していてもなかなか改善しない原因になってしまうでしょう!

 

 

赤ら顔の人のメイクのコツは、メイク崩れを徹底的に無くす事と使う化粧品をきちんと選ぶ事です!
それ以外のメイクの方法は通常と変わりません!

 

 

 

 

赤ら顔の人が使うべきじゃない化粧品の成分の一覧まとめ!


皮膚が弱い赤ら顔の人が使うべきではない化粧品(ファンデ、化粧水)の成分まとめ!

 

 

赤ら顔の人が使うべきではない成分の一覧
  1. 動物由来成分
  2. アルコール
  3. 界面活性剤
  4. 殺菌剤
  5. 酸化防止剤
  6. 着色料
  7. 香料
  8. ホルモン
  9. 防腐剤
  10. 重金化合物
  11. 合成樹脂

 

上記の成分が入っていない下地やメイクをしましょう!
メイクでしっかりと隠しながら、別途赤ら顔対策をしていけば赤ら顔は治ります!

共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

タイプ別の赤ら顔を治すアイテム





スポンサードサーチ

TOPへ