共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

赤面症を治したい人は要チェック!赤ら顔とは原因が違う赤面症!


当サイトでは「赤ら顔を治す方法」について中心に紹介していますが、赤面症と赤ら顔を同じに考える人がいるのでここで赤面症と赤ら顔の違いを紹介します。
まず、赤ら顔とは5つのタイプがあります。皮膚の薄さで起こる赤ら顔や血管の拡張で起こる赤ら顔、ニキビ跡による赤ら顔、くすみによる赤ら顔、アレルギーによる赤ら顔です。

 

 

 

ほとんどが常時赤い顔の状態が続く状態です。タイプによって治し方も違います。

赤ら顔のタイプと治し方については別途「タイプ毎の赤ら顔の治し方!」で紹介していますので参考にしてください。

 

 

そして赤面症とは同じように顔が赤らむ症状ですが、赤ら顔と違い常に赤い状態ではなくて、緊張や興奮などで一時的に赤くなる症状です。

 

 

 

 

 

 

赤面症の原因を確認!根源は自律神経にあり!


赤ら顔とは違う赤面症ですが、もちろん原因も違います。

 

 

赤面症の原因とは内側の血液が外側へ流れる事です。
自律神経の交感神経が優位になるとストレス反応として起こるのです。

 

 

そして顔と言うのは身体の中でも比較的温度が低い箇所になる為に温かい血液が顔にも流れると他の身体の部位に比べて赤く見えるようになります。
本人からすると顔が「熱く」感じるでしょう!
ストレス状態が和らぐと次第に血液が元に戻り赤面状態が収まってきます。

 

 

 

 

 

 

赤面症の治し方!精神面を鍛えるか!?漢方か?


赤面症の場合は赤ら顔とは違い「治し方」も現在のところは商品などはありません。
中には赤面症に良いとされる商品などがありますが、必ず治るわけではないようです。

 

 

そんな赤面症の中でも、漢方で克服した男女も多いとの情報があります。
これも個人差があるので、確実性は少ないでしょう!

赤面症と漢方については「赤面症は漢方で良くなる?」で紹介していますので参考にしてください。

 

 

 

交感神経が優位にならないような精神状態を作る事がベストな対策方法ではないでしょうか?
堂々と強い精神を持つ事が出来ればストレス反応が起こる事も少なくなるので、必然的に感情が豊かな小学生から高校生あたりが最も赤面症で悩む人が多いようです。

 

 

 

大人になり社会に出て役割が出てくると、精神面が堂々として強くなる事が多いので自然と治る事もあるのでしょう!
どうしても早急に赤面症を良くしたいと考えるなら現在のところは漢方が得策ではないでしょうか?

共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

タイプ別の赤ら顔を治すアイテム





スポンサードサーチ

TOPへ