赤ら顔の治療にレーザーは効果あり!


赤ら顔の治す為に治療方法としてレーザー治療があります。効果ももちろん高い事で有名ですね!
赤ら顔治療は美容目的の為にほとんどが健康保険の適用外になってしまう事がデメリットですが、それを含めても綺麗に完治出来る可能性が高いのでやってみる価値は高いですね!

 

 

赤ら顔と言ってもその種類は様々です。「ニキビ跡が原因の赤ら顔」もありますし、「くすみが原因の赤ら顔」もあります。
また心臓病や肝機能の低下による赤ら顔も赤ら顔の1つです。

 

 

通常レーザー治療で治す事が出来るのは赤ら顔では最も多いとされる「血管拡張性タイプの赤ら顔」です。血管が拡張する事によって赤ら顔になるケースですね。
また多少の血行の拡張でも「皮膚が薄くなる事」でも赤ら顔になります。この場合もレーザーで血管拡張を抑える事で赤ら顔を対策する事が出来ます。

 

 

 

主にレーザーにて血行代謝改善などの治療をします。またクリニックによっては皮膚の正面に浮いている糸状の血管や深めの血管などもシナジーで取り除く施術もあります。
現在のレーザーによる赤ら顔治療は血管のみに反応するレーザーを使用する為に皮膚へのダメージを与えないで跡が残る事がありません。

 

 

さらに美容系のクリニックでは症状に合わせてレーザーを変えたり、組み合わせたりしてくれるので皮膚にダメージを少しも与えずに治療を行えます。
跡を残したくない場合は美容系のクリニックがオススメです。

 

 

 

単純性血管腫、苺状血管腫、毛細血管拡張症などと診断されると健康保険が適用されるので保険を利用できるメリットから美容系のクリニック以外で施術する事がありますが、その場合の医者は美容系の医者ではない為にレーザー治療の傷跡を残してしまう可能性が高いです。

 

 

このレーザー跡が残るか残らないかが美容系クリニックの医者と通常の皮膚科の病院の医者の大きな違いですね!
レーザー跡は絶対に残したくない場合は美容系のクリニックでの施術をオススメします!



タイプ別の赤ら顔を治すアイテム