赤ら顔が治った治療とは!?


赤ら顔を治す方法はアレルギーやアトピー系の赤ら顔以外であれば「市販商品」や「生活習慣の改善」などで完治させる事が出来ます。
しかし、赤ら顔の症状が重い場合は「赤ら顔治療」をする必要性も少なからずありますね!
赤ら顔を病院で治療するとその治療方法は大きく3種類に分ける事が出来ます。

 

赤ら顔治療のほとんどが保険が適用外の全額自己負担ですが、レーザー治療の場合は保険が適用されます。

 

 

赤ら顔対策の「レーザー治療方法」

レーザー治療の場合は保険適用が出来ると記載しましたが、それは単純性血管腫、苺状血管腫、毛細血管拡張症と診断された場合のみで、それ以外の赤ら顔の症状の場合は健康保険の適用外の為に全額自己負担になります。レーザー治療にも種類があり、「ダイレーザー」、「ヤグレーザー」が赤ら顔対策では主流になっています。

 

 

 

赤ら顔対策の「光治療(IPL治療)」

赤ら顔の原因のほとんどが血管拡張による赤ら顔です。光治療とは光を赤ら顔部分に当てる事で毛細血管を縮小させる治療方法です。
特殊な光により色素などを弱めたり破壊します。通常の肌に戻るまでの間に皮膚が薄茶色になる「ダウンタイム」の期間も短いので人気の治療法です。

 

 

 

赤ら顔対策の「硬化療法」

この硬化療法とは血管に硬化させる成分を注入します。その後包帯にて圧迫させて血管の内側を密着させる事で線維化させます。
血管拡張が原因の赤ら顔に有効とされています。

 

 

 

赤ら顔の本格的な治療方法は上記の3つが主流です。しかし、ほとんどが健康保険が適用されない為に費用が高額になりやすいです。
まずは皮膚に刺激を与えない生活をしながら「市販の赤ら顔対策商品」などで対策をする事で赤ら顔の改善を目指しましょう!

 

 

赤ら顔専用商品でも効果が期待出来なかった時に病院を訪れても良いかもしれませんね!



タイプ別の赤ら顔を治すアイテム