赤ら顔には漢方は効果的!しかし期間が必要!


赤ら顔を治そうと考える時に漢方を使うのも1つの手ですね!しかし、漢方は通常の西洋薬と違ってピンポイントに原因にアタッチメントするのではなくて全体的に良い方向へ向かうように様々な自然の成分を取り入れて作られています。その為に短期間で赤ら顔を治す人には向かず、長期間のスパンで赤ら顔を改善したい人に向いている赤ら顔を治す方法になります。

 

 

 

さらに赤ら顔の原因は「トップページ」でも説明している通り大きく5種類の赤ら顔があります。
5つのタイプの赤ら顔のうち漢方薬の処方が有効とされているのは「血管拡張が原因の赤ら顔」です。病気による赤ら顔やくすみ、ニキビ跡の赤ら顔はそれぞれに対策があります。
また、アレルギーやアトピーが原因の赤ら顔の場合も医者に相談するのがベストです。

 

 

ここでは赤ら顔の中でも最も割合が多い「血管が拡張する事が原因の赤ら顔」や「角質が壊れて皮膚が薄くなる事で起こる赤ら顔」の対策を記載しています。

 

 

「赤ら顔」を治す漢方薬

血管の拡張で血管が広がる事によって「赤ら顔」に見えてしまうタイプの人は血液の流れを改善する漢方薬を飲む事で改善が図れます。
血液の濁りを無くし綺麗な血液にして、血液をスムーズにさせる漢方薬を飲む事で血液の流れが良くなり赤ら顔が改善します。

 

 

血液の流れをスムーズにして赤ら顔を改善出来る漢方薬

  1. 温経湯(うんけいとう)
  2. 桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
  3. 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

 

 

より短期間で赤ら顔を改善する方法は!?


血管拡張性の赤ら顔を漢方薬で治す事は出来ますがゆっくりと時間をかけて血液の流れを良くする方法の為に時間がかかります。
より短期間で効率的に赤ら顔を治したい場合は「赤ら顔専用の商品」を使うと良いでしょう。

 

 

漢方薬と同じ効果で皮膚の上から塗ると皮膚の血液の流れがスムーズになるビタミンKを含むクリームや化粧水、赤ら顔の為に開発された赤ら顔対策の天然成分が凝縮された専用商品などを使用すると短期間で赤ら顔を改善出来ます。

 

さらに赤ら顔は刺激に弱いのでそのような赤ら顔専用の商品は刺激性が強い成分を配合していないので安心して使う事が出来ます。

 

 

 

短期間で赤ら顔を治す場合 赤ら顔専用商品がベスト
長期間でゆっくりと治す場合 漢方薬がベスト

 

 

 



タイプ別の赤ら顔を治すアイテム