赤ら顔を対策する「化粧水」や「薬」を選ぶ!


赤ら顔になるとまず改善する為の対策を考えると思います。赤ら顔が改善した人の口コミなどを拝見するとやはり「化粧水」や「薬」が一番みたいですね!
赤ら顔になる原因はアトピーやアレルギーなども含めると全部で5パターンあります。

 

5つの赤ら顔の原因タイプ

皮膚の薄さからくる赤ら顔

 

毛細血管の拡張による赤ら顔

 

ニキビ跡による赤ら顔

 

くすみによる赤ら顔

 

アトピー、アレルギー肌の赤ら顔

 

 

ほとんどの赤ら顔の原因タイプはA「毛細血管の拡張が原因」になります。

 

@の「皮膚の薄さが原因」の場合は洗顔が強すぎるのか化粧品の刺激が強すぎる事で肌の表面にある角質層を破壊してしまう事で起きます。何度も炎症を繰り返している場合もこの@の「皮膚の薄さ」が原因の可能性がありますね!

 

 

Bの「ニキビ跡が原因」の場合は過去にニキビがあった事がある人のみなので判断が容易ですよね。ニキビが治ってもその後正しいケアをしていないとニキビ跡になってしまいます。

 

 

Cの「くすみが原因」の赤ら顔の場合は、ストレスや睡眠時間の短さ、偏った食生活が原因で肌のターンオーバー(皮膚の再生の繰り返し)が遅れる事で起きます。赤くすみかどうかの判断は皮膚を触ってみて硬いようなら「赤くすみ」の可能性があります。ターンオーバーが遅れているので古い角質も重なっている状態なので触ると固いのが特徴です。

 

 

Dの「アトピー、アレルギー系が原因」の赤ら顔の場合は市販商品で治すよりも皮膚科の先生に専用の薬を貰うほうが効果的ですね!それでも改善が難しい場合は漢方などを飲んでみるのも手ですね!

 

 

 

赤ら顔薬・赤ら顔化粧水(クリーム)で赤ら顔を改善する!


赤ら顔には上記で説明したように原因が5パターンあります。それぞれの原因が分からないと、どのように対策すれば良いのか分かりませんよね^^。
赤ら顔対策で重要な事は自分の赤ら顔のタイプを知る事です!

 

 

最も赤ら顔タイプで多い「A毛細血管の拡張によるタイプ」や「@皮膚の薄さの原因の赤ら顔タイプ」は市販商品の赤ら顔専用商品(薬やクリーム・化粧水など)で改善が可能です。
また、Bのニキビ跡が赤ら顔の原因と分かれば、「ニキビ跡を治す専用の化粧水」などを使えば効率的に改善出来ます!

 

 

 

Cのくすみが原因の場合もくすみを改善する化粧品や薬を使うのも手ですが、生活習慣の改善だけでも改善が可能です。

 

 

Dのアレルギーやアトピータイプのみ絶対的に改善するとは言えませんが、専用の薬を医者に貰う事で赤ら顔の程度を弱めたりする事が可能です。
「Dアトピーやアレルギーが赤ら顔の原因タイプ」の場合は医者によってアレルギー対策が違うのでどの医者を選ぶかも重要になりますね!



タイプ別の赤ら顔を治すアイテム